健康診断 - ベトナムのいなか暮らし

健康診断

今日は結婚手続き用の書類作成のために、嫁と二人で
精神病院での検査に行ってきました。

何で精神鑑定の書類が必要なのかは、問題ですが
何はともあれ、面接となりました。

最初1から50までの数字を目で追う時間を計るテスト
それから問診があったんですが

それが大問題、ベトナム語がまったくわからない?
英語でも質問されたんですが、こちらもベトナムなまりなんだか知らないけど

よくわからない。



結局不合格(私だけ)嫁は怒って何でベトナム語がわからないのと
えらいケンマクで怒るし(解らないものは解らんと独り言)

とぼとぼと病院を出たところ、バイクタクシーのおっちゃんが
なにやら嫁に話してる。

しばらくすると二人でまた、病院の中に入っていく。
後からついていくと、おっちゃんはどうやら

私たちみたいなカップルを見つけては、病院側と話をつけてくれる
らしい。

先ほどの部屋に行くと、おっちゃんなにやら医者と話してさっさと
自分は外へでてしまう。

それから二人がまた呼ばれて、今度はすんなりOKとのこと
さすがは、建前と本音の国、やり方さえ間違わなければ

お金で解決できないことはないと、実感した一日でした。

ベトナムのビザカテゴリの最新記事
この記事へのコメント
こんにちわ。
初めてカキコいたします。
前から読ませていただいていて、久しぶりの更新、嬉しいです。
私も中国人の恋人が居るので、国際結婚ネタはとても参考になります。
ただし、鬼嫁?ではありませんが。
それにしても精神病院での問診があるとは、恐るべし、ベトナムですな。
中国は至って簡単と聞いていますが、果たしてどうなる事やら。
これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。
Posted by 塾長 at 2006.09.27 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
« ミャンマーにてその1  |  結婚指輪 »
Copyright © ベトナムのいなか暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。